大雨に備えて

この投稿を気に入ったらシェア

 

7月に入り、早くも中旬。

このくらいの時期から、梅雨の終わりに向けての大雨が増える頃ではありますが、今年は早くも台風がやってきています。

関東も台風の影響で、今日は明け方から大雨が降ったり止んだりしています。

最近は雨対策の商品も種類が豊富になってきましたね。

百貨店のレイングッズ売場も、傘やレインコートだけでなく、オシャレな長靴、パンプスだけど防水のもの、傘収納用のケース、バッグを入れる防水バッグ、ザックケースなど、いろいろな商品が出ています。

そこで、最近購入して便利だなと思ったものを、ブログでご紹介します。

まずは、雨といえば長靴。

私が最近購入したのは、夏フェスなどに出かける人にはお馴染みの、日本野鳥の会が販売しているレインブーツです。

私が購入したのは、グレー。

こちらのレインブーツは折りたためるので、夏フェスなどでも人気です。

個人的には、HUNTERのレインブーツを愛用しているのですが、ミドル丈なので大雨の日は結構濡れてしまいます。

そこで、この商品を購入したわけですが、なかなかいいです。

何がよいかといえば、軽い。ゴム製の長靴はかなり重いものが多くて、うっかり長距離歩くことになると海岸の砂地を歩いているかのごとく消耗しますが、こちらは軽いのでそんな状態にはならないかなと思います。軽いといっても、底の部分はゴムだから、ある程度の重さはありますが。でも、圧倒的に自分が持っている他の長靴よりも軽い。

次に傘ケース。百貨店などによっては、折りたたみ傘用のビニール袋を入口に配置しているところもありますが、無い場合は長傘用のビニール袋を使うわけですが、持っている間に湿気で書類がよれてしまったり、ビニール袋に穴が明いてしまったりと、問題も多々起こるわけです。

そして、傘は移動しながら出し入れするものなので、やっぱり万全の体制で臨みたい。ということで、雨の時には持っていたいものの一つが傘ケースです。

こんな感じのものが多いですね。

私は、AfternoonTeaで購入した傘ケースを使っていますが、やはり上記の写真のように、内側がマイクロファイバーのモールになっています。使用後に乾かすときにチャックが大きく開くものがおすすめですが、チャック部分が多いとそこの防水がどうなっているかは確認したほうがよいでしょう。

折りたたみ傘を、こういうタイプの傘ケースにしまう時に、モール部分にくるっと回してふき取る感じにすると水が溜まる前にモール部分で雨粒をふき取る形になるのでケース下に水が溜まらなくてよいですよ。

そして、レインコートもいろいろありますね。

私は、数年前に購入したAIGLEのレインコートが気に入っていて、普段の通勤などではそれをよく利用していますが、TPOに併せて何種類か使い分けています。

今日のように大雨が降るときにバッグごとカバーできそうな、OUTDOOR PRODUCTSのレインポンチョも持っています。

[amazonjs asin=”B01DN1M3ZC” locale=”JP” title=”アウトドアプロダクツ OUTDOOR PRODUCTS レインポンチョ 男女兼用 撥水 はっ水 メンズ レディース 通学 通勤 収納袋付 全4色 M/Lサイズ 6002289 ネイビー 日本 M-(日本サイズM相当)”

こちらの商品は専用のケースにコンパクトに入ってしまうのもよいです。

こんな感じで、いろいろ試しつつ、雨対策を充実させています。

今日の大雨で大きな被害が出ませんように。

そして、私も移動先から、問題なく戻れますように(これから外出(笑))


この投稿を気に入ったらシェア