国際文具・紙製品展

第28回【国際】文具・紙製品展(その1)

この投稿を気に入ったらシェア

東京ビッグサイトで開催されている、
第28回【国際】文具・紙製品展
に足を運びました。
http://www.isot.jp/
(開催:2017年7月5日(水)~7日(金))

その様子を簡単にレポートしたいと思います。

東京ビッグサイトで毎年1回開催されている、このイベント。
様々な文房具や紙製品等が展示されていて、
文房具好きにはたまらないイベントです。

見学に行ける年には足を運ぶようにしていますが、
今年はこれまで出展していた大きな文具メーカーの出展が
減少していることに少し驚きました。

この投稿のアイキャッチ画像として使用している
展示会のボードを見てもわかるように、
このイベントと共催している展示会が多いために、
国際文具・紙製品展として展示できるエリアが
少し狭いかもなぁという印象。

それが原因ではないとは思うものの、著名メーカーが
少ないのは少し残念かも。やはりしのぎを削った
大きなメーカーならではの、利用者の声を反映した
驚くような工夫がある製品をたくさん見たかったなぁと。

今年の展示会で感じた特徴としては、
とにかく「付箋(ふせん)」の展示が多いということ。
それだけバリエーションが増えたし、付箋の使い方も
ビジネスから個人向けに広がっているのだと思うのですが、
とにかく付箋が多い。差別化するのも大変です。

それから、かつてはちょっとデザインがよいだけでも
目を引いたかもしれませんが、最近では、
デザインがよいというのは、当たり前になっていて、
そこにプラスアルファがあることがとても大事。
そのプラスアルファの面白さで人が集まっていたなと感じました。

文具で学習に役立ちそうなものは、弊社で運営している
「アンドラ」(おとなの学びサイト)
http://andla.jp/
で紹介しますので、それ以外の面白いと思ったものを
いくつか紹介してみましょう。

国際文具・紙製品展では、毎回日本文具大賞で
グランプリや優秀賞を受賞した製品を観ることができます。
第26回 日本文具大賞のグランプリは以下の2つの製品です。

カール事務機株式会社【エクスシザース】
第26回日本文具大賞グランプリはカール事務機のエクスシザースというはさみ
http://www.carl.co.jp/isot2017/xscissors/

はさみはこんな感じで受賞ブースで展示してありました。
カール事務機のエクスシザース
岐阜県関市といえば、刃物で有名です。
従来の2倍の厚さ3mmのステンレス鋼板を採用し、
職人が水研ぎ作業で刃付けをしたというはさみで、
切れ味のすばらしさとデザインが両立した商品です。
はさみの切れ味がいいと、とにかく気分がいいし、
作業効率もまったく違いますよね。

 

そして、グランプリ受賞はもう一つありました。
ぷんぷく堂の「あなたの小道具箱」
第26回日本文具大賞のぷんぷく堂の「あなたの小道具箱」
http://punpukudo.jp/

ぷんぷく堂は、千葉県市川市にある文房具店。
最寄駅が総武線の本八幡駅か、京成本線の京成八幡駅で、
夕方5時から営業しているそうです。

今回受賞した、「あなたの小道具箱」はこちら。
あなたの小道具箱

写真だと大きさがわかりにくいのですが、
子どもの頃に使っていた道具箱よりも小さいので、
デスク上に置いていてもそれほど幅を取らないかも。
50年は持つと言われている硬質パルプパスコを使い、
職人が手作りしているそうです。
色も選べる。文房具だけでなく、
ひとそれぞれの「わたしの小道具」をしまっておくのに
ちょうどよい大きさなのかもしれません。

Amazonでは緑と青なら取り扱っています。

 

次回は、グランプリではなかったけれど、面白いと思った文具や、
新しい発想の商品を見つけたのでご紹介します!
お楽しみに。


この投稿を気に入ったらシェア