iOS11にアップデート
App,  デバイス

iOS11にアップデート

この投稿を気に入ったらシェア

9月20日水曜日。
今日、AppleからiOS11がリリースされました。

iOS 11の新しい機能と能力により、iPadはかつてないほどいきいきと動き出し、iPhoneはこれまで以上にあなたの毎日に欠かせないものになります。これからはゲームやアプリケーションの拡張現実のための驚くような可能性も広がります。

情報源: iOS 11

早速アップデートしましたので、その様子と注意点をお知らせします。

 

アップデート前にやるべきこと

今回、iOS11にアップデートすると、
32bitで開発されたアプリが使えなくなります。

自分がiPhoneに入れているアプリのうち
どれが32bitなのかどうか確認する方法があります。
以下に説明します。

1.Appをアップデートする

アップデート前に、App Storeアプリをタップ、
さらに下部の右側にあるアップデートをタップし、
まずは全てのアプリをアップデートします。

2.32bitアプリを削除する

次に、ホーム画面から
「設定」→「一般」→「情報」→「App」
と画面をタップしていき、
「App」をタップすると、
先程のアップデート実施後でも
アップデートができなかった
32bitアプリがリストされます。

こんな画面です。

32ビットアプリがリストされる

ずっと不要なアプリを削除していなかったために、
結構出てきました(^-^;
このようにリストされたアプリは
・不要であれば削除します。
・アプリによっては、64bitに対応したアプリが
新しく公開されていることもあるので、
必要に応じて、App Storeアプリの検索で調べて
インストールします。

できれば、この画面に表示された32bitアプリを
全て削除した後でアップデートしたほうが
よいと思います。
また、32bitのアプリでよく使うものがあるような場合は、
そのアプリの64bit版が出るまで、あるいは代替えの
アプリが見つかるまでは、iOS11にアップデートするのは
延期したほうがよいと思います。
ご利用状況に応じて適宜判断してください。

3.32bitのアプリを削除したらバックアップ

アップデート後に不具合が発生したとき、
元に戻せるように、iPhoneをバックアップ
しておきましょう。
できれば、iTunesにつないでパソコンに
完全にバックアップしておくと
万が一のときでも完全に元に戻せるので安心です。

バックアップが取れたら、
「設定」→「ソフトウェア・アップデート」
でアップデートを開始します。

アップデート方法は以下のサイトが参考になります。

iOS 11 にアップデートする(Apple公式サポート)
https://support.apple.com/ja-jp/ios/update

 

アップデートで変わったところ

 

新しいiOS11については、Apple公式の
ウェブサイトに説明がありますので参考にしてください。

iOS 11 へようこそ(Apple公式)
https://support.apple.com/ja-jp/ios

アップデートして、最初に驚いたのは
フォントが結構太めになっていること(笑)
力強さがあります。

「ファイル」アプリ登場

ファイルというアイコンが新しくできていて、
利用しているクラウドアプリがまとまって
表示されるようになっていました。

ファイルアプリの画面

私は用途別にクラウドサービスを5個使っているので、
それが表示されています。

コントロールメニューが変わった

画面を下から上にスワイプしたときに
表示されるコントロールメニュー画面は
大きく変わりました。

コントロールセンターの画面

緑色のマークが見慣れないなぁと調べてみたら
モバイルデータ通信のオンオフができるようです。
上記の画面では緑になってるのでオンの状態です。

iPhoneの3Dタッチ機能を使って、
それぞれのアイコン部分をカチッという
感触があるところまでぐっと長押しすると、
それぞれのアイコンの詳しいメニューが
開く形になっています。
ようやく3Dタッチが活躍しそうな感じ。

カメラでQRコードを読み取る

カメラにQRコードを読み取る機能がついた
ということなので、実験してみました。

弊社の運営する「アンドラ」のQRコードを
読み取ってみました。

アンドラのQRコードを読み取る

読み取りができたら、上部に
「WEBサイトQRコード
”andla.jpをsafariで開く”
という表示が現れるので、そこをタップすると、
safariアプリが立ち上がり、
「アンドラ」のページが表示されました。
ちなみに、上記画面画像の
QRコードでも読み取れました(笑)

電卓が丸い

電卓が全体的に丸い印象になったのも、
ちょっとびっくり。

電卓のキーが丸い

私が以前使っていた、
SONY VAIO QRに似てる!
と思ってしまった(笑)

余談ですが、iPhoneの画面キャプチャをすると、
左下に小さい画面で出てくるようになりました。
撮れたかなぁと思うことが結構あったので、
これは確認ができていいかも。

まずはアップデートする前の注意事項と
アップデートした後の
最初のインプレッションを書きました。

少し使ってみて、また第二弾を投稿したいと思います。

追加情報:

・写真のモバイル通信について
写真のモバイル通信をオンにしたままだと、
撮影状況により通信費が膨大になる可能性があります。
「設定」→「写真」→「モバイルデータ通信」をタップし、
「モバイルデータ通信」と「アップデートの制限」をオフ
にすることで回避できます。

・画面が録画できる
iPhoneの画面が録画できるようになりました。
利用する前に、コントロールセンターに
ショートカットを登録する必要があります。
「設定」→「コントロールセンター」
→「コントロールをカスタマイズ」→「画面収録」
を選択します。
下からスワイプして表示されるコントロールセンター
の下段に、画面収録のマークが登録されます。
録画するときは画面収録のマークをタップすると、
3,2,1とカウントダウンがあって録画されます。
停止するときには、マークをタップします。
撮影した動画は「写真」に保存されます。

・iTunes StoreとApp Storeのモバイル通信
私は通常iTunes StoreとApp Storeのモバイル通信を
オフにしているのですが、アップデート後に
確認したらオンになっていました。
モバイル通信がオンになったままだと、音楽やAppの
更新をモバイル通信で行ってしまうので、
場合によっては通信費が膨大になります。
使用しない場合は、
「設定」→「iTunes StoreとApp Store」をタップし、
「モバイルデータ通信」をオフにしてください。


この投稿を気に入ったらシェア