2019年の手帳を決めましたか?

この投稿を気に入ったらシェア

毎年11月頃の楽しみといえば、
ふらりと立ち寄った文具店などで、
来年使う手帳を吟味すること。

来年の手帳を決めましたのでご報告します。
(特に誰も待ってないと思いますが、
自分の中ではすっかり恒例となっております)

ここ数年、ほぼ日手帳を使っていますが、
来年は仕事用の手帳については、
違うものに変えようと計画。

ちなみにプライベートな手帳は、
これまで同様にほぼ日手帳(オリジナル)で。

ほぼ日WEEKは小さくて便利なので、
ここ数年、仕事用の手帳にしていました。
お気にいりのカバーも見つけたので、
しばらくは変える気はありませんでした。

ただ、仕事のTODOを書くときに
枠の大きさから文字を小さく書いていて、
なんとなくもう少しのびのびと文字を書きたい
という衝動もあり、フィリクションペンの
0.38ではなく0.5の太さを仕事中に使うことが多く、
そのペンのまま手帳にも書き込めるように
もうちょっと大きな手帳がいいかなと思ったりで、
来年は変えてみることに。

来年の仕事用の手帳はこちら。

日本能率協会の手帳は20代のときに使って以来かも。

NOLTY U
https://nolty.jp/noltyu/

この「NOLTY U 手帳」は、ちょっと変わっていて、
横方向に展開するバーチカル機能がついています。

手帳選びのときに、マンスリーのページがあることと
週単位で管理できる機能があることを重視しています。
左に予定を書いて、右にメモが書けるのも必須。
これまでのほぼ日WEEKSもこの条件を満たしています。

ただ、もうちょっと太いペンで書くとなると、
もうちょっと大きめのほうがいいかなという感じ。
ということで、今年はこちらの手帳に決定。

さて、お気に入りになるかどうか。
来年の投稿もお楽しみに。

なお、ちょっと気になるかわいいペンも
見つけました。

ゼブラのSARASAと不二家のコラボペンです。
クリップ式の黒色インクのボールペンと、
インクがカスタマイズできる多機能ペンの
セットです。ミルキー模様がかわいい。

それから、手帳を探しているときに、
実は、この手帳がものすごく気になりました。

その日にまつわる科学の出来事が書いてあったり、
数学や物理の公式が書いてあったり。
週間レフト式+右が方眼というのも魅力的だし、
科学の基礎知識も出てるし!

ブルーバックス科学手帳2019の詳細は、
講談社のページでご確認ください。

ブルーバックス科学手帳2019|講談社
http://bluebacks.kodansha.co.jp/books/9784065132081/appendix/

ちなみに、2019年の祝日については、
天皇陛下の退位に伴う皇太子さまの新天皇即位に
関連して祝日が現時点(11月9日午前中)では
確定していませんので、手帳やカレンダーは
後日祝日の確認をお忘れなく!


この投稿を気に入ったらシェア