ウェアラブルメモWEMO
イベント 文具・雑貨

第28回【国際】文具・紙製品展(その3)

この投稿を気に入ったらシェア

第28回【国際】文具・紙製品展
で見つけた面白いものを紹介する、第3回目。
(開催:2017年7月5日(水)~7日(金))

今回ご紹介するのは、
ウェアラブルメモの「WEMO」についてご紹介します。

手や腕にメモしちゃう人必見!

仕事をしていて、ちょっと手に書いておこうと、
手や腕にメモする場合がありますよね。

業種によっては、それが頻繁に行われることも。

医療現場や工事現場などのいわゆる「現場」で働く方が
頻繁に行っているメモする行動の特徴として、
「現場」では手や腕に書く人が多いことに着目。

そのようなメモの方法をとっている方に向けた商品が
ウェアラブルメモの「WEMO」です。

ウェアラブルメモ「WEMO」
https://www.wemo.tokyo/

会場では、腕に巻き付けるバンドになっている商品が
おしゃれな感じで展示されていました。

●消せるタイプ

シリコンバンドに直接書けるタイプです。
バンドは腕に巻き付けておくことができます。
書いた文字を消しゴムや指で消すこともできます。

様々なデザインのバンドがあるので、
好みで選べるのがよさそうです。
その中に、メモリがついているバンドがありました。
「なぜメモリがついているかわかりますか?」
と質問されたのですが、現場で何か測るからかしら?
なんて思っていたら、
「看護師の方がメジャーを持ち歩いていることに着目した。」
とのことでした。

●貼れるタイプ

バンドに専用のシールを貼って使うタイプです。

肌用感圧型転写シール技術を利用して、
文字が書けるようにしているシールを使うという点が
この商品の特徴です。

実際にシールを触ってみましたが、
卵の内側の膜のような感じのとても薄いシールです。
ファンデーションテープやタトゥーシールとして
使用されているもので、水なしで貼れること、
水にぬれても剥がれないのに簡単に剝がれるという点が
大きな特徴となっているそうです。

バンドにシールを貼っておいてメモ、
後でメモしたシールを剥がしてノートや書類に
貼ることができます。

●隠せるタイプ

肌に直接シールを貼って使えます。

会場では、説明してくださる方が直接肌に貼り付けていました。
透明なので貼っていることには気づかない印象。
手の甲などにメモする癖のある方は、
シールを貼るという、このタイプがよいかもしれませんね。

 

ウェアラブルメモ「WEMO」の発売時期

こちらの商品は、今年の秋に発売予定とのことです。

 

※この投稿のアイキャッチ画像
「WEMO」消せるタイプより(株式会社コスモテック)
https://www.wemo.tokyo/


この投稿を気に入ったらシェア

おすすめ