12.登記申請|【起業コラム】ウィリングができるまで

登記所に申請書類を提出

1月31日に、銀行に出資金払込証明書を
受け取りに行き、
これで書類がすべて整った。

2月1日、登記所に申請書類を持っていく。
(私たちの場合は、東京都豊島区池袋で
会社を設立するので、東京法務局豊島出張所が
登記所となっている。)

<申請書類>
・設立登記申請書 1
・定款 1
・出資金払込金保管証明書 1
・取締役及び監査役の就任承諾書 1
・取締役の印鑑証明
・会社の代表すべき取締役の印鑑届書・印鑑用紙
・登録免許税納付用台紙 1

豊島区はコンピュータによる
登記を行っているので
専用の用紙にパソコンから出力し、
印字したものを準備した。

登記記録といって、
登記申請書と目的、取締役の記載を
一括で行うことができる。

用紙は登記所で配布しているので
その専用用紙に印字する。

また、豊島区の場合は
印鑑届出もコンピュータなので
それも専用用紙を使用し、印字する。

作成した書類は一式にして、
ダブルクリップでまとめ
申請のボックスへ投函。

手渡しじゃなくて、投函・・・。
驚く。

ボックスのところに、
「今日申請した会社の補正日は9日です」
と記載されており、
9日に電話で補正があるかどうか
確認してくださいとのこと。

【2人の感想】

すずき
登記所での作業はあっと言う間だったね。
こやま
書類もまとめておいたので、印紙の準備だけして
提出だった。
すずき
ボックスに投函だったので、
受け取りましたとか言われず、
なんとなくこんなので会社ができるのかなぁって
不思議だった・・・・

 

 

上記のメニューから、興味のある項目をクリックしてご覧ください。

>>【起業コラム】ウィリングができるまで TOPに戻る

>>HOME